中田接骨院TEL:06-6696-5556 大阪市住吉区苅田5-15-18/地下鉄御堂筋線あびこ駅 徒歩3分
 

モーションパルペーションとは

モーションパルペーションとは、カイロプラクティックテクニックでの、脊椎と四肢の関節に正常な関節運動があるかを調べる検査法であり、治療法です。

正常な関節運動とは、例えば、手の指を動かすと曲げたり伸ばしたりしかできませんが指先を持ち回してみると左右に僅かに回るのがお判り頂けると思います。
これを正常な関節運動「関節の遊び(joint play)」と呼び、どの関節にも基本的には8方向の遊び運動があります。
この関節の遊びが正常であってはじめて筋肉は自由に動くことが出来るのです。日常生活で支障なく体を動かせるのは、関節に少し融通がきくようにできているからです。

大きすぎる関節の遊び(可動性亢進)、動きが制限された動き(可動性減少)、遊びの消失(loss of joint play)…など、
関節の機能障害(joint dysfunction)が存在すると、動作の際に痛みを感じたり、特定の部位にこわばった感じなど、身体になんらかの不調を覚えます。

モーションパルぺーション(motion palpation)は、脊椎・四肢の関節が、正常な可動範囲があるかどうかを調べる検査法であり矯正法です。
関節の可動性の減少(fixation)があっても、筋肉によるものか靭帯や関節面の不一致によるものかは、動きの質が異なる為に容易に判断することが可能です。